yonta24のブログ

さまざまな話題を記録するブログです

レッツラゴンは赤塚漫画で一番自由な作品だった。

こだわり人物伝 赤塚不二夫 ただただ“愛”なのだ 第2回「マンガを壊しちゃったのココロ」で、赤塚不二夫作品で一番自由にやった作品が「レッツラゴン」だったそうだ。

レッツラ*ゴン (小学館文庫―赤塚不二夫名作選)

レッツラ*ゴン (小学館文庫―赤塚不二夫名作選)


赤塚自身「レッツラゴン」をやって面白かった。すっきりしたと感想をのべていた位。本人や編集者が登場したり、ギャグマンガ家ってネタにつきて頭がおかしくなるらしい。それを防ぐ為のプロダクション制だったのかな?


赤塚不二夫 裏 1000ページ(上) (Infas books)

赤塚不二夫 裏 1000ページ(上) (Infas books)

赤塚不二夫 裏 1000ページ(下) (Infas books)

赤塚不二夫 裏 1000ページ(下) (Infas books)