yonta24のブログ

日常気づいたことや商品レビューについてのブログです

【スポンサーリンク】

楽天Kobo、買いました!開封の儀式。

本日、無事クロネコヤマトで到着。
 


注文時、時間指定して居たのに、無視されてしまうトラブルがありましたが、クロネコヤマトなら個別に時間指定に応じてくれるのでそこは良しとして。


早速開封して、本体を確認。箱が開けづらい。上箱と下箱がきつくてなかなかKoboちゃんが顔を出せない。ゆびを隙間に入れてこじりながら開けます。




これが内部。iPhoneのようにまずKoboが顔を出します。その奥にUSBケーブルと説明書。




電源を入れるとUSBケーブルで繋いでイニシャライズして下さいとの説明。


さっそく、パソコンでrakuten.kobosetup.comへ、Koboデスクトップをインストール。


うちは、XPなのです。そのせいか楽天IDとパスワードの入力欄をクリックしてもカーソルがあらわれない不具合。


一旦ウィンドウの外をクリックしてから、再び楽天IDとパスワードの入力欄をクリックすると今度はいけました。ただしOKを押してもまたIDパスワードの入力画面にもどったりしてよくわからん。


途中で「遅延書き込み」のエラーが出たりドライブが認識されなかったりとトラブル続出。


普段使用している楽天IDとパスワードを入力して、イニシャライズすると、PCとKoboの接続が開始、ケーブルを抜いたり挿したりごにょごにょして居るうちに、セットアップは終わりました。


よーわからん。


ここで悲劇!セットアップ途中でKoboが認識されなくなりなんども抜き差ししたので、USBケーブルを逆に挿してしまい、手が滑ってKoboのUSB穴をこじっちゃいました。幸いコネクタ本体は破壊しなかったので接続は出来るのですがなんとも残念。
 

USBケーブルの抜き差しに意外に力が必要なので、注意が必要です。


それにしてもケーブルのUSBマークが有る方を上にして、挿すと逆なんて、おかしい。普通マークが有る方を上にするでしょ。
 

こっち向きで挿したくなりますよね。

なんとこれが正しい向きです。

でも正解はマークが有る方を下向きに挿すのが正解なんだって。。


ちょっと人間に優しくない。あと、挿す力も強すぎ(キツすぎ)です。油塗ろうかと思った。


iPhone4との大きさの比較はこんな感じです。




セットアップが終わると、無料の本「銀河鉄道の夜」や「坊ちゃん」などが読めるようになりますよ。



しかし青空文庫の表紙全部同じ…。どれがどの本かわからん。


視認性は、環境次第です。つまり屋外だと非常にくっきり読めるでしょう。屋内だとじゃっかん暗めかな?


あと、液晶の濃さとか設定出来ないっぽい。(マジ?)まだ設定いじってないのでわかりませんが。


iPadより軽いので、気楽です。ただバックライトが無いので光源の無い所で読むにはクリップライトが必須です。



これがほしいけど。ちょっと高いので

エナジャイザー(Energizer) 携帯読書灯 ブックライト BKFN2BUJ

エナジャイザー(Energizer) 携帯読書灯 ブックライト BKFN2BUJ

を買おうかと思ってる。
PDFがどんな風かもうちょっと使ってみて、またエントリーしたいと思います。

【送料無料】kobo Touch (ブラック)

【送料無料】kobo Touch (ブラック)
価格:7,980円(税込、送料別)


●ちなみに、楽天Kobo touchの説明書はここにあります。
http://kobo.faq.rakuten.ne.jp/euf/assets/images/rakuten/koboTouchUserGuide.pdf


●PDFファイルを読む事が出来ました。
楽天Kobo touchで、PDFファイルを表示する方法。