yonta24のブログ

さまざまな話題を記録するブログです

火星で自給自足生活の計画。地球に住めなくなったら火星へ?

火星という候補地があれば、あの超広大な面積で土地問題も解決するでしょうか。


8万人が行くとなれば、輸送船の建造も進化する必要がありそうです。ロケット打ち上げでは間に合いそうに無いので、滑走路からそのまま宇宙空間に飛べるような飛行機の開発が必要?

【中華網】 米国メディアの27日付けの報道によれば、同国の宇宙ベンチャー、スペースX社の創業者で最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏がこのほど、英ロンドンの王立天文学会でのスピーチで、火星に地球から8万人を移住させる計画を発表した。今後15〜20年で地球から火星に8万人を移住させ、火星で自給自足の生活を送り、子孫を残していくとの内容で、人類にとっての「生命保険」となるとしている。