yonta24のブログ

日常気づいたことや商品レビューについてのブログです

【スポンサーリンク】

2chスレッド>お薦め小説メモ

5 :無名草子さん:08/11/26 19:58 ID:?

デッド・ゾーン〈上〉 (新潮文庫)

デッド・ゾーン〈上〉 (新潮文庫)

キングのデッド・ゾーン上下巻

キングは映画が受け付けないから食わず嫌いしてたけど
これは何気なく読んだら上の後半から止まらなくなり睡眠とらずに会社に行った
覚えがある。




106 :無名草子さん:09/03/22 03:27 ID:?

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

村上春樹ねじまき鳥クロニクル
ダフネ・デュ・モーリア「レベッカ」(大久保氏訳のほうで)

読後、2時間くらいはぼーっとしてこっちの世界に帰って
来れなかった。








113 :無名草子さん:09/04/01 01:21 ID:?

大聖堂〈上〉 (新潮文庫)

大聖堂〈上〉 (新潮文庫)

ケン・フォレットの「大聖堂」
昔から何度か読んでいるが、
毎回一気読みしてしまう。
(新潮文庫のほう)
今度続編がでたので購入したが、
一気読み用の時間が確保できず、
怖くてまだ読んでない。

















66 :無名草子さん:09/03/01 22:29 ID:?

IT〈1〉 (文春文庫)

IT〈1〉 (文春文庫)

スティーブン・キング 「IT」

一昼夜かかって読了。泣いた。
少し痩せた。





68 :無名草子さん:09/03/02 20:15 ID:?

シャイニング〈上〉 (文春文庫)

シャイニング〈上〉 (文春文庫)

私もキング『シャイニング』
上野から夜行で北海道へ着くまでに読み終わった。降りたところは一面の
銀世界、最高に盛り上がったw

















26 :無名草子さん:08/12/11 00:39 ID:?

奪取(上) (講談社文庫)

奪取(上) (講談社文庫)

真保裕一 「奪取」

手に汗握りながら読んだ本は後にも先にもこの本以外にありません。







29 :無名草子さん:08/12/11 11:10 ID:?

罪と罰〈上〉 (岩波文庫)

罪と罰〈上〉 (岩波文庫)

ドストの『罪と罰』。
夕方の4時から読み始めて、翌日の1時に読み終えた。




























45 :無名草子さん:08/12/23 20:10 ID:?

ダ・ヴィンチ・コード〈上〉

ダ・ヴィンチ・コード〈上〉

面白すぎて・・とは違うけど
ダビンチコードを買ってきて、「さぁ読もう!」と思った所で大風邪をひいた。
インフルエンザだったため当然仕事は休み、家事からも開放された状態の中、熱が40度
出て関節は痛いわ寒気は凄いわ・・しかし頭痛だけは無かった事を幸いに、一気に読みましたわw
そんな状態でも本だけは読めるんだな・・と、つくづく思った。





52 :無名草子さん:09/01/15 00:38 ID:?

ぼくと1ルピーの神様 (RHブックス・プラス)

ぼくと1ルピーの神様 (RHブックス・プラス)

ヴィカス・スワラップ「ぼくと1ルピーの神様」

一気に読めて、何度読み返しても面白い。
この間、これを原作にした映画がアメリカでゴールデン・グローブ賞の作品賞等を受賞したそうな。
いわゆる古典とかベスト・セラー本以外で、自分が気に入った本が映画化され評価されたのははじめてなので、
自分のことのように嬉しい。




58 :無名草子さん:09/02/27 23:26 ID:?

穴  HOLES (講談社文庫)

穴 HOLES (講談社文庫)

ルイス・サッカーの「穴」













85 :無名草子さん:09/03/07 10:06 ID:?

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)

前にも名前上がってたが
京極夏彦姑獲鳥の夏」「魍魎の匣
この2冊は衝撃的だったな。その後のシリーズはちょっと惰性も感じてしまった。
あ、短編集(とくに榎木津もの)は笑えて面白かったな。

江戸川乱歩「孤島の鬼」

孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

幕引きは見事としか言いようがない。怪奇趣味に走りつつ、常に冷静な作者の視点を忘れないなんて素晴らしい。

小野不由美屍鬼

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)

何度も1巻で挫折してたんだが、頑張って読んでいくと、中盤からの引き込まれ具合は半端ない。
これは日本ならではの怖さだな。そして読後も色々考えさせられる。
あと「黒祠の島」もミステリーの形をとってはいるが本質は全然別の所にあって驚いた。謎解きはおまけだ。


91 :無名草子さん:09/03/11 03:27 ID:?

今日クリムゾンの迷宮買ってきて半日かけて読んだ
久々に小説読んだけどこのスレのお陰でまた読書に嵌まるかもしれんw














141 :無名草子さん:09/10/29 17:57 ID:?

獣の数字〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)

獣の数字〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)

ロバート・A・ハインライン 『獣の数字』
とにかく分厚くて字の小さな本だったけど、あまりに面白くて丸一日読みっぱなしで読破した。











193 :無名草子さん:09/12/11 17:09 ID:?

宮部みゆき「英雄の書」さっき読み終わった。
めちゃくちゃ面白い。
映像で見てみたいけど、すごい劣化しそうだ。
映画の「模倣犯」で萎えまくったし。

模倣犯1 (新潮文庫)

模倣犯1 (新潮文庫)




228 :無名草子さん:09/12/25 15:52 ID:?

「オリンピックの身代金」奥田英男
「凍」沢木耕太郎
「第四間氷期安部公房

第四間氷期 (新潮文庫)

第四間氷期 (新潮文庫)





279 :無名草子さん:10/03/06 14:37 ID:?

告白

告白

湊かなえ「告白」

数ページめくったら止まらなくなって
書店で一気読み。(店員さん、すみません…)






329 :無名草子さん:10/05/11 19:45 ID:?

魔法使いの弟子たち

魔法使いの弟子たち

井上夢人魔法使いの弟子たち」

今年初めて一気に読んだ本です!





363 :無名草子さん:10/05/23 10:46 ID:?

ガダラの豚 1 (集英社文庫)

ガダラの豚 1 (集英社文庫)

中島らもの「ガダラの豚」がいい。
3部で少し失速するがそれでもとまらない。



368 :無名草子さん:10/05/26 07:53 ID:?

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)

たそがれ清兵衛 (新潮文庫)

たそがれ清兵衛






431 :無名草子さん:10/07/09 20:57 ID:?

天使の囀り (角川ホラー文庫)

天使の囀り (角川ホラー文庫)

貴志祐介のは文章が綺麗だから一気に読める。
「天使の囀り」は駅のホームで夢中になってしまい、電車に乗りそびれてしまった。
一気に読める作品のわりには何度も読み返してるのも不思議。
奥田英朗も一気読み作品が多い。
「邪魔」なんて爽快感がないのになぜか読むのが止まらなかった。
(個人的には「家日和」がすき)

ちとマイナーだけど北島行徳のも一気読みした。
「無敵のハンディキャップ」:主催している障害者プロレス団体についてのノンフィクション
「バケツ」:障害者プロレス団体の関係者をモデルにした小説
「サークル」:引きこもり少年と精神科医を軸にしたミステリー

一気読みできる本って、読みやすい文章で矛盾やアラを感じる暇を与えない勢いのある作品なんだろうね。