yonta24のブログ

日常気づいたことや商品レビューについてのブログです

【スポンサーリンク】

iOSのアップデートでサーバーに繋がらないのは、プロバイダかルーターの責任。

【ピックアップ】 インターノット崩壊論者の独り言(2012-03-09)


twitterで「iOS アップデート 8.8.8.8」で検索すると阿鼻叫喚が観測できます。iOSのアップデートできない人が 8.8.8.8 (Google Public DNS) を使うとアップデートできるらしい。何かがおかしいと調べてみると、、、 まず、8.8.8.8 で検索してみましょう。


512バイトを超えるやりとりが出来ないルーターを使っていたり、なんたらかんたら専門外の僕のような人間にはちんぷんかんぷんですわ。Webサイトは全部見れるんです。


ようするに我々はどうしたら良い?んんーっ。わからん。
ルーターのファームウェアのバージョンアップかな?ISPじゃないと対応出来ないのかな?この際、その当たりも解決して欲しい。>ISP


DNSが8.8.8.8では出来ました。とりあえずGoogleのパブリックDNS使っときます。