yonta24のブログ

さまざまな話題を記録するブログです

P196「6.3 登録したタスクを表示してみよう」

Clickイベントのコードを自動生成させる

実際のプログラム上では下図の赤丸部分「追加」というボタンをクリックすると、「タスク」「期日」「進捗」のデータを記憶するイベントを発生予定だ。


これからそのイベントの中身のコードを記述して行く。


まずはデザイン画面で、「追加」ボタンをダブルクリックし、メソッドの枠部分を自動生成させよう。



コードの枠のみが自動生成されている


それではコーディングを始めましょう!


登録したタスクデータは、6.2で作成したTaskクラスで1件ずつ管理します。


そのタスクリストには複数のタスクデータが登録されるので、複数のタスクデータを入れる場所が必要です。


今回は、List(Of T)クラスでリストを作成し、その中にデータを入れていくことにします。<List(Of T)クラス…P167>